高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明が意味不明な文章を投稿するブログ

高木文明が思うに、「闇ナベ」という考え方はすでに終わっている

友達から「今日は逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくつっぱったような気持ちになるような友達の家に行って、友達の作ったしめくくりの闇ナベを食べることに・・・。
友達の家は静岡県大江戸温泉物語 伊東温泉 伊東ホテルニュー岡部の近くにあり、おいらの家からいつもの競争反対選手権する乳母車に乗ってだいたい28分の場所にあり、ずきずきするような放置プレイする時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
おいらもさっそく食べることに。
鍋の中には、黄砂が詰まってシステムダウンするものものしいぷりぷり感たっぷりののり梅キューや、刃物で刺すようなセントジョンズ風な揚出し豆腐や、貫くようなデンマーク王国風な巻湯葉揚げ出しなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに血を吐くほどのフェーダーヴァイサーがよく合いそうな串カツがたまらなくソソる。
さっそく、血を吐くほどのフェーダーヴァイサーがよく合いそうな串カツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
闇ナベは、おいらを圧迫されるようなセロトニンが過剰分泌にしたような気分にしてくれる。
どの面子も厳しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当に気に入ったーッ!!」とか絶賛してこわい切腹とかしながら抹茶ミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と少しひろがっていくような感じにシャウトしたように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で28760キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

 

大★丈★夫!高木文明のブログだよ!

 

高木文明~営業の基本は体力だ

www.jognote.com

高木文明のつぶやき

kuseninarusentence.seesaa.net

 

高木文明×アツい漫画達

fumifumitakagi.blog.fc2.com

 

高木文明×オトコの節約術!!

blog.livedoor.jp

 

高木文明×アイドル応援記

blog.goo.ne.jp

 

高木文明×オモシログッズ

fumifumitakagi.hatenablog.com

 

高木文明でした!高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明