高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明が意味不明な文章を投稿するブログ

高木文明が日本人なら知っておくべきうどんのこと

看守から「フランス共和国に甲斐性が無いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
看守は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、こわい感じのうどん屋だったり、抽象的な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は時雨だったのでいつもの宇宙船で連れて行ってくれた。
いつもの宇宙船に乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とつぶやいてしまった。
お店は、小説家の人が一生懸命走り幅跳びしてるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7100人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、眠い即死をしたり、ガイアナ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと看守も行列に加わり時雨の中、ガイアナ共和国の民族踊りすること19分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいどんと看守はこのうどん屋一押しメニューの玉子とじうどんを注文してみた。
店内では読めない漢字が多いArrayが好きそうな店主と玉掛けクレーンを擬人化したような10人の店員で切り盛りしており、アルメニア共和国のかなり痛い感じの1ドラム硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、殺してやりたい逆ギレをしたり、麺の湯ぎりがスリランカ民主社会主義共和国では神をも恐れぬような喜びを表すポーズしながら月面宙返りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8857分、意外と早く「へいお待ち!『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」と読めない漢字が多いArrayが好きそうな店主のつねられるような掛け声と一緒に出された玉子とじうどんの見た目はカストリーズナイトアノールの肉の食感のような感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを93口飲んだ感想はまるでムババーネ風な豚汁の味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなこの世のものとは思えないArrayと間違えそうな玉子とじうどんは初めて!さっくりしたような、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない・・・。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの宇宙船に乗りながら、「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男

 

kuseninarusentence.seesaa.net

kuseninarusentence.seesaa.net