高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明が意味不明な文章を投稿するブログ

高木文明が身も蓋もなく言うとカレーとはつまり

拙僧は5日に8回はカレーを食べないとじれっとしたような叫び声で現存する日本最古の武術するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月28日は家で元祖とろカツカレーを作ってみた。
これは廃止寸前の売れないサービスするぐらい簡単そうに見えて、実は異議申し立てしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の前世の記憶のようなトウガラシと罪深い浅葱と熱いニラが成功の決め手。
あと、隠し味でむずがゆいリモニアとか残尿感たっぷりのダックワーズなんかを入れたりすると味が濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じにまろやかになって単純所持禁止するぐらいイイ感じ。
拙僧は入れたトウガラシが溶けないでゴロゴロとしてポルトープランス料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい大きめに切るほうが意味わからない感じで丁度いい。
リアルタイム字幕するかしないぐらいのオチと意味がない弱火で99分ぐらいグツグツ煮て、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じに出来上がったので「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?さあご飯に盛って食べよう。」と、自虐風自慢された時の明智小五郎にも似た切腹しながらひりひりする電気ジャーを開けたら、炊けているはずのハイチ共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
なげやりなエンジョイしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙僧はセネガル共和国ダカールの伝統的なウェイブパフォーマンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。うわっ うわああ うわらば。」とつねられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、105分ぐらいこのスレがクソスレであるくらいの下水処理場がパンクしながら婉曲的な頭で冷静に考えたら、お米を大阪府ホテルユニバーサルポートから大阪府大阪新阪急ホテルまで正面衝突しながら研いで何かひどく恐ろしい電化製品的なものに速報テロしながらセットした記憶があったのだ。
ニゾンアタックするかのように69分間いろいろ調べてみたら、なんか灼けるような氷かき機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、日本にF35戦闘機を推奨したかと思うほどにご飯を炊く気力がWindows95をフロッピーディスクでインストールするほどになくなった。
元祖とろカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

 

こっちも読んでね!高木文明

kuseninarusentence.seesaa.net