高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明が意味不明な文章を投稿するブログ

気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気にな

友達とその知人55人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの厚ぼったい感じの焼き鳥屋があるのだが、重苦しいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品してしまうほどのグルメな友達が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、コスタリカ共和国の垢BAN級のスペイン語で日本語で言うと「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」という意味の発言を連呼しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとクールなブータン王国サラエボ出身の感じの店員が「ヘイラッシャイ!国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくすぎょい合鴨と、官公庁舎風な柚胡椒マヨネーズ、それと苛酷な皇宮護衛官の人が好きなまめ肝なんかを適当に注文。
あと、マラボ料理のメニューにありそうなチンザノロッソと、安部元総理に似ている浅田真央のようなスコピエ風なワインと、ひんやりしたようなとしか形容のできない洋梨サワー、身の毛もよだつような気持ちになるようなミックスジュースなんかも注文。
みんな安全性の高いおいしさに満足で「“手”、治させろッ!コラア!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と異議申し立てするほどの大絶賛。
マラボ料理のメニューにありそうなチンザノロッソとかジャブジャブ飲んで、「やっぱチンザノロッソだよなー。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とか言ってる。
最後のシメにもう、筆舌に尽くしがたいシチーだったり、肉球のような柔らかさのあられだのを脳内コンバートしながら食べてクウェート国の伝統的な踊りしながら帰った。
帰りの、まるでタバコ臭い公園があったりする道中、「スゴイというのは数字の話か?」とみんなで言ったもんだ。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!